【浅草】浅草文化観光センター – 浅草寺を上から眺められるスポット

【浅草】浅草文化観光センター – 浅草寺を上から眺められるスポット

都内観光の定番スポット、浅草寺へ参ったなら是非ここにも立ち寄って欲しい。雷門の道路挟んだ向かいに目を引く建物があるのですが、それこそが今回ご紹介する「浅草文化観光センター」です。

2012年にオープンした浅草文化観光センターの設計は世界的建築家の隈研吾。8階建ての建物は、フロアごとに独立した建物のようにも見え、まるで平屋がブロックのように積み上げられているかのよう。コンクリート造で出来た大きな建築ではなく、“小さな建築”を追求し続ける隈研吾ならではのデザインです。

1階には観光案内カウンター、外貨両替所、2階にはパンフレット等が設置された観光案内コーナー、8階にはカフェやテラスがあります。

8階:カフェ・展望テラス
7階:展示スペース
6階:多目的スペース(飲食可・休憩可)
4階・5階:会議室・観光ボランティア事務室
3階:旅行団体支援スペース
2階:観光情報コーナー(情報検索用パソコン4台/公衆無線LAN、AC電源も使用可)
1階:案内カウンター・ロビー、外貨両替所
地下1階:化粧室

2階から3階にかけてはこんな感じ。斜めの屋根を生かして作られた内装は、2フロアが連続して上に繋がっているデザイン。階段部分には木のアートワークもあります。

8階には、アサクサミハラシカフェというカフェでや、無料で座れる休憩スペースも設置されています。

これはアサクサミハラシカフェから見た浅草寺。雷門から本堂(観音堂)まで上から眺めることができるんです。まるでミニチュアを見ているかのよう。

方向を変えて眺めると、東京スカイツリーも望めます。台東区の景色を独り占めしている気分♪

浅草観光に疲れたら、建築も景色も楽しめる浅草文化観光センターで一息ついてください。

浅草文化観光センター

住所:東京都台東区雷門2-18-9
TEL:03-3842-5566
営業時間:9:00-20:00(8階展望テラスは9:00-22:00)
対応言語:日本語 / 英語 / 中国語 / 韓国語
ウェブサイト:https://www.city.taito.lg.jp/bunka_kanko/kankoinfo/info/oyakudachi/kankocenter/a-tic-gaiyo.html(台東区ウェブサイト)