【金沢】谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館 – 日本が誇る建築家親子の建築館

【金沢】谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館 – 日本が誇る建築家親子の建築館

金沢から世界へ建築文化を発信するというコンセプトのもと「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」が2019年7月にオープンしました。

谷口吉郎・吉生親子

谷口吉郎

1904年、石川県金沢市に生まれ、高校卒業まで金沢で育った谷口吉郎は、「東宮御所」や「東京国立近代美術館」、「東京国立博物館東洋館」などを手がけ、日本建築界の重鎮として活躍しました。

谷口吉生

1937年生まれ。「ニューヨーク近代美術館新館(MoMA)」、「GINZA SIX」などの設計を手がけ、世界で活躍する建築家。

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館

「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」は谷口吉郎の生家跡に、谷口吉生設計で作られました。金沢の谷口吉生建築では、鈴木大拙館を訪れたことがあるのですが、やはり同じ建築家ということで、通ずるところがあるなと思いました。

この日は企画展をしていました。「日本を超えた日本建築― Beyond Japan―」というタイトルで日本を代表する世界的建築家(槇文彦/磯崎新/谷口吉生/伊東豊雄/安藤忠雄/隈研吾/SANAA/坂茂)の特集で、とても面白く興味深い内容でした。この企画は終了しましたが、随時建築に関連する企画展を開催しているので、建築好きは楽しめると思います。

展示は撮影NGですが、建物自体の撮影はしても大丈夫です。建物自体が美しくて、パシャパシャ撮ってしまいました。

外から中庭?を見る。椅子が置いてあるだけなのですが、この感じ、好き。中に入れるのかな〜?と思っていたのですが、実際行って見ると鍵がかかっていて入れませんでした。

2階の窓から見た景色。少し色が変わり始めた葉っぱがいい感じ。

2階には谷口吉郎がかつて建築した迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭」の主和室と茶室が再現展示されています。

恥ずかしながら谷口吉郎の建築については知識がない状態で訪れたのですが、息子・谷口吉生とは建築スタイルが全然違っていて驚きました。

小さなカフェとミュージアムショップの雰囲気も好き。

まとめ

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館は建築、空間そのものがとても素敵で心地の良い場所でした。写真にも映える建築なので、写真好きの方などは建築に精通していなくても楽しむことができます。建築好きの方、特に谷口吉生が好きな方は必ですね。企画展に興味はないという場合は、建物だけ見学することも可能です。

ただ、金沢には他にも魅力的な訪問地がたくさんあるので、MUSTとまでは言えないです。興味があって、時間が許すのであれば是非訪れていただきたいスポットです。

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館

住所:石川県金沢市寺町5-1-18
電話番号:076-247-3031
開館時間:9:30–17:00(最終入館16:30)
料金:一般800円(企画展+常設展)
休館日:月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月3日)※展示資料の整理のため休館することがあります。
ウェブサイト:https://www.kanazawa-museum.jp/architecture/